ナレーションにAIボイスを活用する方法

以下の手順で、AI音声合成音声ジェネレーター(play.ht、lovo、murfなど)やナレーション用リアルタイムジェネレーターを作成します。

ステップ1:スクリプトを書く

生成された音声をリアルタイムに使うこともできますが、スクリプトを書くとより簡単になります。 音読の代わりに、AI技術がやってくれる。 原稿をアップロードし、音声設定を行うだけで、音声を生成することができます。

コンテンツクリエイターのためのヒント

ステップ2:ターゲット層とメッセージング

あなたのコンテンツを消費する人々は、方程式のもう半分です。 ターゲット層を詳しく説明することで、メッセージをより明確にし、適切なニッチとトピックを見つけることができます。

例えば、折り紙のチュートリアルを作る場合、生き生きとしたナレーションがあれば、退屈せずに済みます。 一方、声優は、クリエイティビティを発揮できる質の高い音声コンテンツを提供することで、より多くの人にその存在をアピールすることができます。

ステップ3:検討すべき音声の種類

スクリプトを書き、オーディエンスを決定すれば、コンテンツに最も適した音声を選択するのは簡単です。 事前に定義したニーズに基づいて、最適なAI音声ジェネレーターの検索を開始することができます。

スピーチジェネレーターを選択する際の基準としては、以下のようなものがあります。

ステップ4:音声を選択する

きちんと調べても、aiテキストに命を吹き込むための声選びは難しいものです。 そこで、最終的な決断を下す前に、AI Voiceジェネレーターで以下の点を確認するようにしてください。

生成された音声は、別の声優を選択し、スタイル、ピッチ、スピード、ポーズ、強調、発音、句読点を変更し、音量を調整することで、変更することができます。

ステップ5:アップロードまたは記録

必要であれば、リアルタイムのaiの声が出るように台詞を表現することも可能です。 人工知能(AI)の開発以来、機械学習モデルには、本物の声優が作成した数百時間の音声記録が使用されています。 そして、録音された音声をもとに、モデルが話し方を学習していく。

ステップ6:エクスポート

音声合成の録音が終わったら、「書き出し」をクリックします。 ビデオまたはオーディオをお使いのデバイスにダウンロードします。 以上、ナレーションにAIボイスを使用できるようになりました。

AIボイスとは?

AIボイスとは、機械学習により高品質で自然な音声を再現するAIジェネレーターで制作されたナレーションのことです。 これらは、あらゆるテキストを人間らしく聞こえる音声ファイルに変換するために使用することができます。 実際の声優が録音した数百時間分の音声を機械学習モデルで処理し、その音声をもとに話し方を学習してAI技術を作り上げる。

ディープラーニングと音声技術の進歩により、人工音声は人間の自然な声の抑揚や音程を正確に模倣することができるようになりました。 そのため、ナレーションはよりリアルな声が特徴です。

AIボイスジェネレーター

初めての人は、AI声優の世界に戸惑うのが普通です。 eラーニングに特化したツールもあれば、音声合成に特化したツールもあり、いくつか試してみて、自分に合うかどうかを判断する必要がありそうです。

例えば、リアルタイム音声合成ソフトは、ライブストリーミングやポッドキャストでより有効かもしれません。 一方、音声合成ツールは、説明ビデオ、トレーニングビデオ、チュートリアル、Youtubeビデオ、音声広告、アニメーション、ソーシャルメディアコンテンツなどに向いている。

ボイスクローンや人工知能、ナレーション全般に興味がある方でも、ナレーション用のAIボイスオーバーやAI音声合成(TTS)ツールについて調べておくと、有益な情報が得られるでしょう。

最適なAIボイスジェネレーターを選ぶには、どのような要素を考慮すべきでしょうか?

通常、最も好まれるAIボイスジェネレータが提供します。

AI音声を利用するメリットとは?

AIボイスは、私たちが想像もしなかったような機能や利便性を付加し、私たちの暮らしに革命を起こしています。 自然でシームレスな音声を生成するために、最適なAI音声ジェネレーターを選択することが重要です。

なぜ、ボイスアーティストを雇うのではなく、AIボイスジェネレーターを使うべきなのでしょうか?

AIボイスメーカーを活用することで、ボイスオーバーの作成がより簡単になります。 自宅の録音や台本を直接ボイスオーバーに変換することができ、そのプロセスを完全にコントロールすることが可能です。 AIによる音声合成により、高品質なナレーションを維持したまま、時間とコストを削減することができます。

また、AIボイスジェネレーターは、Amazon Studios、Embark、Obsidianなどの大手企業で、人間のような音声を生成するために使用されています。