コンテンツ制作を楽しみ、自分の声以外のナレーションを試す新しい方法を探している人にとって、TTSやボイスオーバーのアプリは役に立ちます。 動画にAIボイスを使うこともできるそうです。 生き生きとした声は、コンテンツや映像に対する認識を変えてくれます。 価格はサービスプロバイダーによって異なりますが、無料のTTSジェネレーターを見つけることができます。

カメラ

AIボイスとは、具体的にどのようなものなのでしょうか?

機械学習により高品質で自然な音声を再現するAIボイスジェネレーターで制作されたナレーションをAIボイスと呼びます。 どんなテキストでも、人間らしく聞こえる音声ファイルに変換してくれるのです。 AI動画を作るには、本物の声優が録音した数百時間の音声や画面を機械学習モデルで処理し、その音声を元に喋ることを学習します。

人工音声は、ディープラーニングと音声技術の進歩により、人間の自然な声の抑揚や音程を正確に模倣することができるようになりました。 その結果、よりリアルなナレーションを実現することができます。

なぜAI音声ジェネレーターを使うべきなのか?

初めての人が人工知能の吹き替えの世界に戸惑うのは当然です。 eラーニングに特化したツールもあれば、音声合成に特化したツールもあり、いくつかのツールを試してみて、自分に合うかどうかを判断する必要がありそうです。 ボイスクローンや人工知能、ナレーションにしか興味がなくても、動画用のAIボイスオーバーやAIテキスト読み上げ(TTS)ツールは役に立ちます。

例えば、ライブストリーミングやポッドキャストなどでは、リアルタイム音声合成ソフトの方が有効かもしれません。 一方、説明ビデオ、トレーニングビデオ、チュートリアル、YouTubeビデオ、オンラインビデオ、オーディオブック、アニメーション、ソーシャルメディアコンテンツは、音声合成ツールに向いています。

なぜ動画にAIナレーションを使うべきなのか?

映像コンテンツ制作者であれば、台詞やナレーションなど、声優を必要とするものが出てくる可能性は高いです。 本物の人間の声は、完全に実行可能なソリューションですが、かなり高価になります。

すべてのアーティストが払えるわけではない費用です。 しかし、声優にかかる費用を簡単に節約する方法があります。 その解決策が人工知能です。 音声合成アプリは数多くあり、高品質のボイスオーバーを入手することができる優れた方法です。

動画に声優ではなくAIボイスオーバーを選ぶべき理由

俳優の代わりにAI技術を使うことには、ほとんどのコンテンツ制作者に関係するいくつかの利点があります。 一番肝心なのはコストです。 声優に大金を払う代わりに、TTSアプリを使えばいいのです。

自然な音色のナレーションはそのままに、どんな動画にも対応できます。 制限はありません。 無料音声合成を利用しない場合でも、プロの声優に比べればはるかに安い金額で済みます。

AIボイスオーバーを使った動画の作り方

使用するツールに慣れれば、作業のスピードアップや効率化が図れるでしょう。 もちろん、さまざまな音声をさらにカスタマイズしたり、これらのアプリが提供する機能を試したりすることも可能です。

アプリによってはAI版で声を使うことができますが、この際、吹き替えの動画は自分で録音した方がいいでしょう。 スクリーンレコーディングや従来のボイスレコーディングは、非常に有益なものです。 また、これらの手順により、AI音声生成アプリに期待することが明確になります。

ステップ1:スクリプトを書く

生成された音声はリアルタイムに使用できますが、スクリプトを書くことで大幅に簡略化されます。 音読の代わりに、人工知能技術が代行してくれるのです。 ファイルをアップロードし、音声設定を調整するだけで、音声が生成されます。

コンテンツ制作者は、このガイドラインに従ってください。

ステップ2:TTSアプリを選択する

現在、数多くの音声合成アプリが提供されており、ほぼすべてのデバイスに音声合成ツールが内蔵されています。 端末に付属しているスクリーンリーダーではナレーションはできませんので、別途購入する必要があります。

では、どのようにTTSツールを選べばいいのでしょうか。 最も簡単な解決策は、現在入手可能な最高の音声合成アプリを使うことです。 それがSpeaktorです。 アプリは、Android、iOS、Mac、Windowsのいずれでも問題なく動作します。 使い方は簡単で、トレーニングは必要ありません。

アプリのダウンロードが完了したら、次のステップに進みます。

最適なAIボイスジェネレーターを選ぶには、どのような要素を考慮すべきでしょうか?

通常、最も好まれるAIボイスジェネレータは、次のような機能を備えています。

ステップ3 – 音声設定

AIテキストに命を吹き込む音声を選ぶのは、綿密なリサーチを行っても難しいものです。 そこで、最終的な決断を下す前に、AI Voiceジェネレーターの以下の項目にチェックを入れてみてください。

生成された音声は、別の声優の選択、音量の調整、スタイル、ピッチ、スピード、ポーズ、強調、発音、句読点の変更により、変更することができます。

ステップ4 – スクリプトの使用

好みの設定が見つかったら、あとはスクリプトからアプリを起動するだけです。 ほとんどのTexts to Speechジェネレータは、PDF、epub、txt、Word、さらにはオンラインテキストに対応しているので、ファイル形式の問題は発生しません。

ステップ5 – ビデオ編集

音に問題がなければ、オーディオファイルをビデオエディターに書き出すことができます。 ナレーションを使用する予定のビデオまたはアニメーションを所有していること。 その後、ミキシング、字幕の追加、BGMの追加など、必要なことを行います。

編集ソフトには数多くの選択肢があり、どれが一番効果的かを判断するのはあなた次第です。 プロのナレーションと同じように、高品質な音声であなたの動画を演出します。

ほとんどの手順は、同様の機能を持つどのビデオメーカーにも当てはまります。