AndroidでPDFを音声で読み上げるには?

Android端末でPDFファイルを読み上げさせるアプリはいくつかあります。

1- eReader Prestigio

eReader Prestigioは、PDFファイルや電子書籍を音声で読み上げることができるAndroid OS向けのアプリケーションです。 本の読み上げやPDF文書の読み上げを楽しむことができるアプリです。 このアプリは5万冊以上の書籍の中から選ぶことができ、25カ国語以上の多言語に対応しています。 アプリは、Google Play Storeから直接ダウンロードできます。

2- NaturalReader

Natural Readerは、Android デバイスで PDF ドキュメントを読むための一般的なプログラムです。 これは、あなたのPDFファイルを読むことができる多くの音声にアクセスできるプログラムです。 無料版からプレミアム版へのアップグレードが必要な場合は、高額になることがあります。 無料版では、多くの機能を利用することはできません。

3- Speech Central

Speech Centralは、視覚に問題がある人のために開発されたアプリです。 Bluetoothを使用して、PDFファイルをはじめ、さまざまな種類のファイルを扱うことができます。 PDF文書を扱うことができますが、視覚障がい者向けに設計されているため、ニーズによっては使いにくいこともあります。

PDF

iOSでPDFファイルを音声で読み上げるには?

iPhoneやiPadでAdobe Acrobatのファイルを読むには、iOSを扱えるプログラムが必要です。 iPhoneには、ネイティブプログラムがあります。 必要なのは、「設定」→「アクセシビリティ」→「スポークンコンテンツ」を押すだけです。

このアプリで画面の文字を読むことはできますが、さらに次のようなアプリの利用を検討するとよいでしょう。

1- Voice Dream Reader

これは、PDFファイルを音声ファイルに変換するためのプログラムです。 27ヶ国語に対応し、36種類の音声を搭載しています。 PDFファイルをはじめ、多くのファイル形式を扱うことができますが、採用するにはコストがかかります。

2- vBookz PDF Voice Reader

ファイルを簡単に読み上げてくれるプログラムが必要な場合は、このPDF Voice Readerが役に立ちます。 このプログラムにはさまざまな音声が用意されていますが、このアプリでは音声をカスタマイズすることはできません。

vBookz Dropbox、メール、Safari、G-Driveから直接ファイルを開くことができます。

3- Adobe Reader

Adobe Readerでは、ファイルの読み上げが可能で、ナレーターの声の設定や読み上げのペースなど、自分の好みに合わせてカスタマイズすることもできます。

MacbookとWindowsデバイスはどうなる?

MacやWindowsで読書を支援するアプリストアのプログラムが必要な場合は、Speaktorも利用できます。

しかし、Macの場合、Appleのプレビューアプリは、デフォルトで音声合成機能をユーザーに提供しています。 プレビューでPDFファイルを開けば、他のアプリは必要ありません。

プレビューで読み上げを有効にするには

ChromeでPDFファイルを音声で読むには?

Google Chromeをお持ちの方は、GoogleドキュメントやPDFファイルをウェブブラウザ上で読み込むために、生来のChromeリーダーを使用したいと思うかもしれません。

月に読む文字数によって料金が変わるので、必ずしも無料とは限りません。

また、Chromeの拡張機能を使えば、Chromeでも読み上げが可能です。 これらの拡張機能を追加することで、端末にダウンロードされていない、Webページで読むことのできるPDFファイルを音声で読み上げることが可能になります。

PDFファイルとは何ですか?

PDFは「Portable Document Format」の略で、「ポータブル・ドキュメント・フォーマット」のことです。 基本的には、変更できないが、簡単に共有したり印刷したりする必要があるファイルを保存する場合に使用される形式です。

Microsoft WordやPowerPointなど、ほぼすべてのファイルをPDFに変換することができます。

1-WindowsでPDF形式のファイルを保存する方法は?

2-iPhoneやiPadでPDF形式のファイルを保存する方法は

3-AndroidでPDF形式でファイルを保存する方法